• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元「聖飢魔II」ドラマー 「保険マンモス」社長が語る転職人生

私がミュージシャンでなくビジネスマン生活を選んだわけ

 物腰やわらかな根っからの営業マンといった風情。古川徹さん(50)は保険販売員に顧客情報を提供する、つまり保険業界に特化したマーケティング会社「保険マンモス」の社長だ。しかし、世を忍ぶ仮の姿の学生時代、ジャギ古川の名で聖飢魔IIにドラマーとして参加していた。ところが、CDデビューの直前、意を決してサラリーマンの道へ進んだ。何があったのか?

■「夢」を断念したスタジオでの光景

「ミュージシャンの道を断念したのは、要するに自分の音楽的な才能に自信が持ち切れなかったということ。音楽への理解が深い世界のトッププロのドラムは音楽(アート)を奏でていて、そうでない場合は芸術性が高く感じられないということ。自分が前者の領域に行けるイメージが持てなかった」

 30年近く前のことを昨日のことのように振り返る古川さん。デビュー前のある日、練習に訪れたCBSソニー(現ソニー・ミュージック)のスタジオで、ある光景に出くわしたのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る