元「聖飢魔II」ドラマー 「保険マンモス」社長が語る転職人生

公開日: 更新日:

私がミュージシャンでなくビジネスマン生活を選んだわけ

 物腰やわらかな根っからの営業マンといった風情。古川徹さん(50)は保険販売員に顧客情報を提供する、つまり保険業界に特化したマーケティング会社「保険マンモス」の社長だ。しかし、世を忍ぶ仮の姿の学生時代、ジャギ古川の名で聖飢魔IIにドラマーとして参加していた。ところが、CDデビューの直前、意を決してサラリーマンの道へ進んだ。何があったのか?

■「夢」を断念したスタジオでの光景

「ミュージシャンの道を断念したのは、要するに自分の音楽的な才能に自信が持ち切れなかったということ。音楽への理解が深い世界のトッププロのドラムは音楽(アート)を奏でていて、そうでない場合は芸術性が高く感じられないということ。自分が前者の領域に行けるイメージが持てなかった」

 30年近く前のことを昨日のことのように振り返る古川さん。デビュー前のある日、練習に訪れたCBSソニー(現ソニー・ミュージック)のスタジオで、ある光景に出くわしたのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る