• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元「聖飢魔II」ドラマー 「保険マンモス」社長が語る転職人生

私がミュージシャンでなくビジネスマン生活を選んだわけ

 物腰やわらかな根っからの営業マンといった風情。古川徹さん(50)は保険販売員に顧客情報を提供する、つまり保険業界に特化したマーケティング会社「保険マンモス」の社長だ。しかし、世を忍ぶ仮の姿の学生時代、ジャギ古川の名で聖飢魔IIにドラマーとして参加していた。ところが、CDデビューの直前、意を決してサラリーマンの道へ進んだ。何があったのか?

■「夢」を断念したスタジオでの光景

「ミュージシャンの道を断念したのは、要するに自分の音楽的な才能に自信が持ち切れなかったということ。音楽への理解が深い世界のトッププロのドラムは音楽(アート)を奏でていて、そうでない場合は芸術性が高く感じられないということ。自分が前者の領域に行けるイメージが持てなかった」

 30年近く前のことを昨日のことのように振り返る古川さん。デビュー前のある日、練習に訪れたCBSソニー(現ソニー・ミュージック)のスタジオで、ある光景に出くわしたのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る