7割の企業が採用意欲 中高年の転職「失敗しない面接術」

公開日: 更新日:

 ちょっとビックリした人も多いのではないか。人材サービス会社「リクルートキャリア」が、中途採用予定のある775社を対象に調査したところ、実に74%が中高年の採用に前向きだったというのだ。

 もちろん、数値の高さにはカラクリがあって、「高いコミュニケーション能力や目標達成力があれば」という条件つき。条件をクリアすれば、採用を検討するという“意欲”の有無を確認しただけ。実際に中高年を求めているのは、40代後半が15%、50代前半が7%と寂しい。

■人事の“フェイント”を真正面に受けてはダメ

 中高年が若い人と勝負するのはつらいが、チャンスはある。実は、中高年は面接で失敗しているケースが少なくないという。人材コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

「中高年を積極的に募集する中小企業は、大手企業で培った専門知識がある人を求めています。ところが、そういうキャリアがある人は、面接で待遇面ばかり質問して、人事の心証を悪くして、チャンスをフイにしているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る