一発アウト 新入社員がつい口にする「最新NGワード10」

公開日:  更新日:

 頭の痛い季節がやってきた。新入社員の言動に思わずカチンときて、我が身の大人げなさを恥じるサラリーマンも多いはず。しかし、「いくらなんでも、それはないだろう」という“NGワード”を発した新人にはガツンと言ってやるのも先輩としての務めではないか。

 企業アナリストの新田龍氏がこう言う。
「少し前までは新人が<身の丈に合った幸せ>などと平気で口にして“さとり世代”といわれました。ところが、最近は自分の能力に根拠のない自信をもった“意識高い系”の若者が増えています。ネット情報を集めてわかった気になって、さも自分がデキる人物かのように勘違いしているような言動が目立ちます」

 薄っぺらい言動が透けて見えるのが“意識高い系”新人の特徴といえそうだ。
 承認欲求が強く、病的に自分を認めてもらいたがるのも最近の新入社員の傾向だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る