横文字、受け売り、人脈自慢…“意識高い系”新人の扱い方

公開日: 更新日:

 来月には新入社員がやってくる。今年の特徴はNHKドラマ「その男、意識高い系。」(BSプレミアム、毎週火曜PM11:15~)でも話題になっている「意識高い系」だ。仕事の意識が高いのは結構だが、彼らは“セルフプランニング”への意識が高く、総じて実力が伴っていないんだとか。放っておけば、講釈垂れだけが一人前の使えない新人まっしぐらだ。

「M田君、昨日頼んだ企画書どうなった?」

「すみません。昨日はどうしても外せない勉強会がありまして……」

「仕事より優先? 外せないって、なんだよ」

「テレビや雑誌で話題のIT社長知ってます? 彼が主催の異業種交流会ですよ。いやー、タレントの○×や、△△評論家とか、話が盛り上がっちゃって。年間1000人以上は軽く仲良くなりますから!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る