必ずどこかに潜むホンネ…鵜呑みにできない上司の「常套句」

公開日: 更新日:

「あの件、大丈夫か?」

 突然、上司から声が掛かるのは珍しいことではない。どこの会社でもよくある光景だ。
 一般的には「キミに頼んだA社の案件は順調に進んでいるか?」といったところか。仕事の進行具合の確認である。心配して声を掛けてくれたと受け取ることもできる。ただし、言い方によっては「どうなってんだよ。ちゃんと報告しろよ」の催促であったり、「上司がヤキモキして不安になっている」場合もある。

 かように、上司言葉はいつもストレートだとは限らない。時にはどこかに本音が隠れている。大事なのは、機転を利かせて短い言葉の中に上司の本音を察すること。職場言葉に不慣れな新人諸君や、初めての上司のもとにやってきた異動直後の社員は注意が必要だ。

「うまくやってくれよ」

 これは、言われた部下のキャリアによって大きく意味合いが違う。サラリーマン経験がある人事コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  6. 6

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  9. 9

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  10. 10

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る