必ずどこかに潜むホンネ…鵜呑みにできない上司の「常套句」

公開日:  更新日:

「あの件、大丈夫か?」

 突然、上司から声が掛かるのは珍しいことではない。どこの会社でもよくある光景だ。
 一般的には「キミに頼んだA社の案件は順調に進んでいるか?」といったところか。仕事の進行具合の確認である。心配して声を掛けてくれたと受け取ることもできる。ただし、言い方によっては「どうなってんだよ。ちゃんと報告しろよ」の催促であったり、「上司がヤキモキして不安になっている」場合もある。

 かように、上司言葉はいつもストレートだとは限らない。時にはどこかに本音が隠れている。大事なのは、機転を利かせて短い言葉の中に上司の本音を察すること。職場言葉に不慣れな新人諸君や、初めての上司のもとにやってきた異動直後の社員は注意が必要だ。

「うまくやってくれよ」

 これは、言われた部下のキャリアによって大きく意味合いが違う。サラリーマン経験がある人事コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る