GWに帰省したら親の様子が…真っ先に何をするべきなのか

公開日:  更新日:

 大型連休がやってくる。リッチ派は海外へ、堅実派は定番の帰省か。機械メーカー勤務のサトウさん(53)は後者。連休の前半3日間、妻と2人の子供と故郷の山形県に帰る予定だ。両親は、ともに今年73歳で2人暮らし。小さな畑を耕しながら、年金生活を送っている。

 ただ、最近、気になることがある。母親の健康状態だ。正月に帰ったとき、普段、口数が少ない父親が「物忘れが増えた」と母親のことをこぼしていた。暮れに煮物の鍋をたて続けに焦がしたらしい。ボケ始めたか。あの時、冗談交じりに隣町に嫁いだ妹と数分、話をしたっけ。母親はどうなっただろう――。

 すべては、サトウさんが帰省してからの判断になるが、物忘れの症状がひどくなっていたら迷う余地はない。すぐにでも病院で精査するべきだ。

 同時に、大事な問題があると注意を促すのは、介護問題に詳しい全国介護者支援協議会の上原喜光理事長だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る