GWに帰省したら親の様子が…真っ先に何をするべきなのか

公開日:  更新日:

 大型連休がやってくる。リッチ派は海外へ、堅実派は定番の帰省か。機械メーカー勤務のサトウさん(53)は後者。連休の前半3日間、妻と2人の子供と故郷の山形県に帰る予定だ。両親は、ともに今年73歳で2人暮らし。小さな畑を耕しながら、年金生活を送っている。

 ただ、最近、気になることがある。母親の健康状態だ。正月に帰ったとき、普段、口数が少ない父親が「物忘れが増えた」と母親のことをこぼしていた。暮れに煮物の鍋をたて続けに焦がしたらしい。ボケ始めたか。あの時、冗談交じりに隣町に嫁いだ妹と数分、話をしたっけ。母親はどうなっただろう――。

 すべては、サトウさんが帰省してからの判断になるが、物忘れの症状がひどくなっていたら迷う余地はない。すぐにでも病院で精査するべきだ。

 同時に、大事な問題があると注意を促すのは、介護問題に詳しい全国介護者支援協議会の上原喜光理事長だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る