ブラック企業訴訟の判決は「弁護士のキャリア」がモノをいう

公開日:  更新日:

 ライフスタイルとして早出するサラリーマンは少なからずいるが、仕事で仕方なく早出せざるを得ないこともある。早出出勤が時間外労働かどうかを巡り、注目の裁判が行われている。

「金融機関の融資担当の男性は連日、深夜残業を続けた上、朝は午前6~7時台に出社。過重労働でうつ病を発症し、05年7月に38歳で自殺しました。労基署は最長月109時間の時間外労働を認め、自殺を労災と認定したことで、妻は勤務先を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしたのです。1審の大阪地裁は妻の主張を認め、約9000万円の賠償を命じたのですが、2審の大阪高裁は昨年7月、判決を覆した。早出出勤はライフスタイルとし、時間外労働から除外。残業は最長月72時間で、“それほど長時間労働ではない”として妻の請求を棄却した。妻は最高裁に上告しています」(司法関係者)

 倒れるまでの時間外労働が「直前1カ月100時間超」か「直前2~6カ月平均が80時間超」だと、労基署が労災認定する可能性が高い。最長72時間では、どちらの基準も下回るため、大阪高裁は「それほど長時間労働ではない」と判断したとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る