ブラック企業訴訟の判決は「弁護士のキャリア」がモノをいう

公開日: 更新日:

 ライフスタイルとして早出するサラリーマンは少なからずいるが、仕事で仕方なく早出せざるを得ないこともある。早出出勤が時間外労働かどうかを巡り、注目の裁判が行われている。

「金融機関の融資担当の男性は連日、深夜残業を続けた上、朝は午前6~7時台に出社。過重労働でうつ病を発症し、05年7月に38歳で自殺しました。労基署は最長月109時間の時間外労働を認め、自殺を労災と認定したことで、妻は勤務先を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしたのです。1審の大阪地裁は妻の主張を認め、約9000万円の賠償を命じたのですが、2審の大阪高裁は昨年7月、判決を覆した。早出出勤はライフスタイルとし、時間外労働から除外。残業は最長月72時間で、“それほど長時間労働ではない”として妻の請求を棄却した。妻は最高裁に上告しています」(司法関係者)

 倒れるまでの時間外労働が「直前1カ月100時間超」か「直前2~6カ月平均が80時間超」だと、労基署が労災認定する可能性が高い。最長72時間では、どちらの基準も下回るため、大阪高裁は「それほど長時間労働ではない」と判断したとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る