ブラック企業訴訟の判決は「弁護士のキャリア」がモノをいう

公開日: 更新日:

 ライフスタイルとして早出するサラリーマンは少なからずいるが、仕事で仕方なく早出せざるを得ないこともある。早出出勤が時間外労働かどうかを巡り、注目の裁判が行われている。

「金融機関の融資担当の男性は連日、深夜残業を続けた上、朝は午前6~7時台に出社。過重労働でうつ病を発症し、05年7月に38歳で自殺しました。労基署は最長月109時間の時間外労働を認め、自殺を労災と認定したことで、妻は勤務先を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしたのです。1審の大阪地裁は妻の主張を認め、約9000万円の賠償を命じたのですが、2審の大阪高裁は昨年7月、判決を覆した。早出出勤はライフスタイルとし、時間外労働から除外。残業は最長月72時間で、“それほど長時間労働ではない”として妻の請求を棄却した。妻は最高裁に上告しています」(司法関係者)

 倒れるまでの時間外労働が「直前1カ月100時間超」か「直前2~6カ月平均が80時間超」だと、労基署が労災認定する可能性が高い。最長72時間では、どちらの基準も下回るため、大阪高裁は「それほど長時間労働ではない」と判断したとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る