ブラック企業訴訟の判決は「弁護士のキャリア」がモノをいう

公開日:  更新日:

 ライフスタイルとして早出するサラリーマンは少なからずいるが、仕事で仕方なく早出せざるを得ないこともある。早出出勤が時間外労働かどうかを巡り、注目の裁判が行われている。

「金融機関の融資担当の男性は連日、深夜残業を続けた上、朝は午前6~7時台に出社。過重労働でうつ病を発症し、05年7月に38歳で自殺しました。労基署は最長月109時間の時間外労働を認め、自殺を労災と認定したことで、妻は勤務先を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしたのです。1審の大阪地裁は妻の主張を認め、約9000万円の賠償を命じたのですが、2審の大阪高裁は昨年7月、判決を覆した。早出出勤はライフスタイルとし、時間外労働から除外。残業は最長月72時間で、“それほど長時間労働ではない”として妻の請求を棄却した。妻は最高裁に上告しています」(司法関係者)

 倒れるまでの時間外労働が「直前1カ月100時間超」か「直前2~6カ月平均が80時間超」だと、労基署が労災認定する可能性が高い。最長72時間では、どちらの基準も下回るため、大阪高裁は「それほど長時間労働ではない」と判断したとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る