厚労省が社名公表…それでも「ブラック企業」はなくならない

公開日:  更新日:

 大企業に天誅を下せるのか――。

 厚労省が違法な長時間労働を強いる「ブラック企業」の社名を公表する方針を決めた。全国に約1万社ある大企業のうち、労使の取り決めなしに月に100時間以上の残業をさせている企業の社名を公表するのだ。5月18日から開始するという。

 その意気込みはいいが、腑に落ちない部分もある。公表されるのは違法残業をさせられている社員がひとつの支社や営業所に10人以上あるいは社員の4分の1以上いて、1年以内に3カ所以上の支社で繰り返されているケースに限るのだ。こんな程度で違法残業を撲滅できるのか。

「労働者にとってかなりハードルが高い政策です」と苦笑するのはNPO法人労働相談センター副理事長の須田光照氏だ。

「長時間残業の被害者が数人程度だったり、悪質な支社が2カ所しかない場合はすり抜けられるということです。そもそも不当に働かされている社員は後難を恐れて、労働基準監督署などに会社を告発しないもの。厚労省が実態を把握するのは今後も至難の業でしょう。ほとんどの企業が『三六協定』で残業を月に何時間までと定めていますが、時間の量に上限はありません。社員の代表者が経営側と決めてしまったら、極端な場合200時間残業させても違法ではない。そのことのほうが問題です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る