ルーツは? ひやむぎとの違いは? 夏の定番「そうめん」Q&A

公開日: 更新日:

 夏の風物詩といえば「そうめん」。暑くて食欲がわかないとき、ツルッとした喉越しは“救世主”となる。「3食そうめんでもイイ、だって低カロリーでヘルシーだから」――ってチョット待った! 3食そうめんじゃ栄養が偏らない? ところで、ひやむぎとの違いは? 意外と知らないそうめんの豆知識をご紹介!

■遣唐使がルーツ

Q.そもそも発祥は?

A.「奈良時代に遣唐使が日本へ持ち帰った索餅が原型といわれています。お菓子の一種で、小麦粉や米粉に塩などを加えて練り合わせ、蒸したり、揚げたりして作り、多くは仏前へのお供えものだったようです」(手延べそうめん「揖保乃糸」を製造する兵庫県手延素麺協同組合の池上靖明さん)

「揖保乃糸」を作っている兵庫県南西部の播州地方では約600年前からそうめんが食べられていたことが記録に残っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事