• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「都こんぶ」は誕生以来高級昆布を使用 健康志向も追い風に

 やわらかく甘酸っぱい酢昆布は、旅のお供にも、酒のつまみにもうってつけ。1931年の発売から84年。中野物産の「都こんぶ」は、言わずと知れたロングセラーの昆布菓子である。もともとは駄菓子の位置づけだが、現代においては中高年の購入が多い。子どもの頃に親しんだ味は安心の味なのだ。

「原料昆布へのこだわりと手間暇を惜しまない加工方法により、購買者の期待を裏切らない品質(風味)を守っていることが、支持を得ている理由だと思う」(常務取締役の木村史郎氏)

 生みの親は、同社創業者・中野正一氏。尋常小学校を卒業後、昆布問屋に丁稚奉公していた中野氏は、商品にならない昆布の切れ端をおやつ代わりに食べながら考えていた。「昆布に味付けして菓子にしたら売れるんちゃうやろか?」。31年に独立すると、さっそく黒蜜の入った酢漬けの昆布を開発。初代「都こんぶ」の誕生である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る