「都こんぶ」は誕生以来高級昆布を使用 健康志向も追い風に

公開日: 更新日:

 やわらかく甘酸っぱい酢昆布は、旅のお供にも、酒のつまみにもうってつけ。1931年の発売から84年。中野物産の「都こんぶ」は、言わずと知れたロングセラーの昆布菓子である。もともとは駄菓子の位置づけだが、現代においては中高年の購入が多い。子どもの頃に親しんだ味は安心の味なのだ。

「原料昆布へのこだわりと手間暇を惜しまない加工方法により、購買者の期待を裏切らない品質(風味)を守っていることが、支持を得ている理由だと思う」(常務取締役の木村史郎氏)

 生みの親は、同社創業者・中野正一氏。尋常小学校を卒業後、昆布問屋に丁稚奉公していた中野氏は、商品にならない昆布の切れ端をおやつ代わりに食べながら考えていた。「昆布に味付けして菓子にしたら売れるんちゃうやろか?」。31年に独立すると、さっそく黒蜜の入った酢漬けの昆布を開発。初代「都こんぶ」の誕生である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  3. 3

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  4. 4

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  9. 8

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    政財界の大物たちが役員を務める「受け入れ団体」の怪しさ

もっと見る