「都こんぶ」は誕生以来高級昆布を使用 健康志向も追い風に

公開日:  更新日:

 やわらかく甘酸っぱい酢昆布は、旅のお供にも、酒のつまみにもうってつけ。1931年の発売から84年。中野物産の「都こんぶ」は、言わずと知れたロングセラーの昆布菓子である。もともとは駄菓子の位置づけだが、現代においては中高年の購入が多い。子どもの頃に親しんだ味は安心の味なのだ。

「原料昆布へのこだわりと手間暇を惜しまない加工方法により、購買者の期待を裏切らない品質(風味)を守っていることが、支持を得ている理由だと思う」(常務取締役の木村史郎氏)

 生みの親は、同社創業者・中野正一氏。尋常小学校を卒業後、昆布問屋に丁稚奉公していた中野氏は、商品にならない昆布の切れ端をおやつ代わりに食べながら考えていた。「昆布に味付けして菓子にしたら売れるんちゃうやろか?」。31年に独立すると、さっそく黒蜜の入った酢漬けの昆布を開発。初代「都こんぶ」の誕生である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る