• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「三ツ矢サイダー」の元祖は1884年発売の天然鉱泉「平野水」

 日本を代表する国民的炭酸飲料「三ツ矢サイダー」(アサヒ飲料)が好調だ。2004年に「安心・安全」をコンセプトにブランドを刷新して以来、順調に販売数量を拡大。誕生130周年を迎えた昨年は積極的な商品提案、販促活動等を展開し、ブランド全体で約4000万箱を売り上げた。

 元祖は炭酸水。1884年、兵庫県の多田村平野(現・川西市)の天然鉱泉を瓶詰めにし「平野水」の名で発売したのが原点だ。1899年に“三ツ矢”印が商標登録され「三ツ矢印平野水」とすると、1907年にはいよいよ風味を加えた「三ツ矢印の平野シャンペンサイダー」に。そして「三ツ矢シャンペンサイダー」を経て、68年に現在の「三ツ矢サイダー」に商標変更する。

 以来、ほのかな甘味と炭酸による爽快感あるおいしさは絶大な支持を得て、超がつくロングセラーとなったわけだが、実は厳しい時期もあった。90年代に入ると飲料カテゴリー間の競争が激化。98年から7年連続で売り上げを落としてしまう。存在感が薄れていく危機感。そこで04年、120周年を機にコンセプトを強化し、全面リニューアルを実施する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る