「三ツ矢サイダー」の元祖は1884年発売の天然鉱泉「平野水」

公開日:  更新日:

 日本を代表する国民的炭酸飲料「三ツ矢サイダー」(アサヒ飲料)が好調だ。2004年に「安心・安全」をコンセプトにブランドを刷新して以来、順調に販売数量を拡大。誕生130周年を迎えた昨年は積極的な商品提案、販促活動等を展開し、ブランド全体で約4000万箱を売り上げた。

 元祖は炭酸水。1884年、兵庫県の多田村平野(現・川西市)の天然鉱泉を瓶詰めにし「平野水」の名で発売したのが原点だ。1899年に“三ツ矢”印が商標登録され「三ツ矢印平野水」とすると、1907年にはいよいよ風味を加えた「三ツ矢印の平野シャンペンサイダー」に。そして「三ツ矢シャンペンサイダー」を経て、68年に現在の「三ツ矢サイダー」に商標変更する。

 以来、ほのかな甘味と炭酸による爽快感あるおいしさは絶大な支持を得て、超がつくロングセラーとなったわけだが、実は厳しい時期もあった。90年代に入ると飲料カテゴリー間の競争が激化。98年から7年連続で売り上げを落としてしまう。存在感が薄れていく危機感。そこで04年、120周年を機にコンセプトを強化し、全面リニューアルを実施する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る