• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「三ツ矢サイダー」の元祖は1884年発売の天然鉱泉「平野水」

 日本を代表する国民的炭酸飲料「三ツ矢サイダー」(アサヒ飲料)が好調だ。2004年に「安心・安全」をコンセプトにブランドを刷新して以来、順調に販売数量を拡大。誕生130周年を迎えた昨年は積極的な商品提案、販促活動等を展開し、ブランド全体で約4000万箱を売り上げた。

 元祖は炭酸水。1884年、兵庫県の多田村平野(現・川西市)の天然鉱泉を瓶詰めにし「平野水」の名で発売したのが原点だ。1899年に“三ツ矢”印が商標登録され「三ツ矢印平野水」とすると、1907年にはいよいよ風味を加えた「三ツ矢印の平野シャンペンサイダー」に。そして「三ツ矢シャンペンサイダー」を経て、68年に現在の「三ツ矢サイダー」に商標変更する。

 以来、ほのかな甘味と炭酸による爽快感あるおいしさは絶大な支持を得て、超がつくロングセラーとなったわけだが、実は厳しい時期もあった。90年代に入ると飲料カテゴリー間の競争が激化。98年から7年連続で売り上げを落としてしまう。存在感が薄れていく危機感。そこで04年、120周年を機にコンセプトを強化し、全面リニューアルを実施する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る