豪雨時避難の意外な盲点 専門家は「自治体任せは危険」と指摘

公開日: 更新日:

 17日、沖縄から九州、中国、近畿地方を中心に各地で大雨洪水警報が発令され、都内でも新宿区、文京区など一部地域で同様に警報が出た。

 豪雨に伴う水害は年々増えている。特に今年は台風の発生が過去最多ペースで、今週も2つ同時に発生している。それだけに、いざという時の逃げ場所を確認しておきたいが、実は自治体が指定する「避難所」ほど危ないのだという。
「阪神・淡路大震災以降、全国の自治体は地震対策は見直しましたが、水害避難の対策は見過ごされています。地震と豪雨では、避難場所を変える必要がある。例えば江戸川区は、地震の避難所となる小中学校が106校ありますが、洪水の時、1階から3階まで安全に使える学校はたった21校です」(「首都水没」の著者で「えどがわ環境財団」の土屋信行理事長)

 東京都内の場合、武蔵野台地を境に東側は20メートル近く低くなっている。台東、北、荒川、足立、江戸川、葛飾の各区のいわゆる下町エリアだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る