豪雨時避難の意外な盲点 専門家は「自治体任せは危険」と指摘

公開日: 更新日:

 17日、沖縄から九州、中国、近畿地方を中心に各地で大雨洪水警報が発令され、都内でも新宿区、文京区など一部地域で同様に警報が出た。

 豪雨に伴う水害は年々増えている。特に今年は台風の発生が過去最多ペースで、今週も2つ同時に発生している。それだけに、いざという時の逃げ場所を確認しておきたいが、実は自治体が指定する「避難所」ほど危ないのだという。
阪神・淡路大震災以降、全国の自治体は地震対策は見直しましたが、水害避難の対策は見過ごされています。地震と豪雨では、避難場所を変える必要がある。例えば江戸川区は、地震の避難所となる小中学校が106校ありますが、洪水の時、1階から3階まで安全に使える学校はたった21校です」(「首都水没」の著者で「えどがわ環境財団」の土屋信行理事長)

 東京都内の場合、武蔵野台地を境に東側は20メートル近く低くなっている。台東、北、荒川、足立、江戸川、葛飾の各区のいわゆる下町エリアだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る