専門家シミュレート 「ゲリラ豪雨」で“水没”東京・大阪138駅

公開日: 更新日:

 17日、首都圏を猛烈なゲリラ豪雨が襲った。薄黒い雲が都心の空を一瞬で覆うと、各地が激しい雨に見舞われ、JR常磐線馬橋駅などが冠水。恐ろしいのは、ゲリラ豪雨によって、東京・大阪の主要駅が138も“水没”する危険があることだ。

「東京と横浜、名古屋、それに大阪など大都市は、海抜ゼロメートル地帯で、もともと水害に弱い。そんな場所に地下鉄や地下街が複雑に張り巡らされているわけです。利用者は浸水や冠水に常に敏感でいた方がいいと思う」

 こう言うのは、関西大の石垣泰輔教授(都市システム工学)だ。石垣教授はこのほど、局地的な豪雨が大阪の中心部で降った場合、どんな“被害”が発生するか、詳細なシミュレーションを公表した。

 想定したのは7年前に愛知県岡崎市で観測された1時間最大146.5ミリ、3時間で240ミリのゲリラ豪雨だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る