専門家シミュレート 「ゲリラ豪雨」で“水没”東京・大阪138駅

公開日:  更新日:

 17日、首都圏を猛烈なゲリラ豪雨が襲った。薄黒い雲が都心の空を一瞬で覆うと、各地が激しい雨に見舞われ、JR常磐線馬橋駅などが冠水。恐ろしいのは、ゲリラ豪雨によって、東京・大阪の主要駅が138も“水没”する危険があることだ。

「東京と横浜、名古屋、それに大阪など大都市は、海抜ゼロメートル地帯で、もともと水害に弱い。そんな場所に地下鉄や地下街が複雑に張り巡らされているわけです。利用者は浸水や冠水に常に敏感でいた方がいいと思う」

 こう言うのは、関西大の石垣泰輔教授(都市システム工学)だ。石垣教授はこのほど、局地的な豪雨が大阪の中心部で降った場合、どんな“被害”が発生するか、詳細なシミュレーションを公表した。

 想定したのは7年前に愛知県岡崎市で観測された1時間最大146.5ミリ、3時間で240ミリのゲリラ豪雨だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る