高台、山の手も洪水に…専門家が挙げる「首都水没」危険地帯

公開日:  更新日:

 24日午後、九州北部に接近する台風16号は、中国東部の浙江省に大雨を降らせ、大被害をもたらした。幸い、関東に豪雨が降ることはないというが、2週間前に1時間に100ミリを超える雨が東京に降って都内80カ所が冠水・浸水したばかり。東京は74人の死者が出た広島市の土砂災害のような惨事がいつ発生しても不思議ではないというからギョッとする。

「東京は“世界一危ない”といわれる国際的に有名な災害危険都市です。いつ深刻な水害に襲われてもおかしくありません」――。

 こう言うのは、「首都水没」(文春新書)を著した「えどがわ環境財団」の土屋信行・理事長だ。土木工学博士である土屋理事長は、30年以上にわたり都庁で災害対策に取り組んできた。

 その土屋氏が“水没危険地帯”として真っ先に挙げるのが、「JR赤羽駅」(北区)の北側と「京成関屋駅」(足立区)の東側。どちらも海抜ゼロメートル地帯にあり、荒川から守る堤防と堤防をつなぐ鉄橋が架かっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る