1時間70ミリ「豪雨警戒」見落とした広島市の呆れた言い訳

公開日:  更新日:

 先月20日に広島市で起きた大規模な土砂災害。死者72人を出し、今も1000人近い住民が避難生活を強いられている。そんな折に、絶句するような広島市の失態が明らかになった。土砂災害が発生した20日未明、豪雨を警告するファクスを見落としていたというのだ。

 豪雨予測を発表したのは広島地方気象台。20日午前1時49分に「大雨と落雷に関する広島県気象情報」として、県全域を対象に、非常に激しい雨を示す「1時間70ミリ」の予測を発表し、土砂災害への警戒を促した。

 この情報は広島県の防災、災害時の情報ポータルサイト「広島県防災Web」に掲載され、市の消防局は同じ内容が書かれたファクスを民間業者から受信していたが、見落としたという。情報を精査し、もっと早く避難勧告を出していれば、被害を最小限に食い止めることができたかもしれない。なぜこんなミスが起きたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る