「強い寒気」がサイン 集中豪雨に襲われたらこう動け

公開日: 更新日:

 数十年に1度の局地的豪雨が都内を襲った10日、台東区付近では1時間の雨量が100ミリを突破。葛飾区のJR新小岩駅では構内が一時冠水する“大惨事”となった。

 気象庁は、上空約5500メートルに氷点下の寒気が入り、急速に積乱雲が発達したのが原因という。

「豪雨の条件は、上空と地上の気温差が大きくなることです。その温度差を埋めようと雨雲が強力に発達する。10日ごろから上空に強い寒気が訪れ、“1カ月先の気温”になったのです。一方、10日の地上の気温は最高で26・9度。加えて、東京は人口やビルの密度が高く、人工的に熱を発しているので、気温差が開きやすい。1、2カ月先まで上空に寒気は残り、地上は25度前後の気温が続くとみられます。それだけ局地的豪雨のリスクは残るのです」(ウェザーマップの気象予報士・片山由紀子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る