シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

HIV患者向け治療薬「数十倍値上げ」報道が米国で大論争

公開日: 更新日:

 しかし、多くの医療関係者は「高額ながん治療薬と比較するのはおかしい。ダラプリムのような古い薬はジェネリック薬として扱われるべきもので、新薬のように開発費がかかることもあり得ない」と猛反発(その後大幅値上げを撤回=編集部注)。

 さらに、同様に大幅に値上げされた薬がほかにもあることがわかってきました。ニッチ・ジェネリックと呼ばれる利用者が少ない薬10種類の値段が、2013年から14年にかけて4~80倍に値上がりしたという調査結果もあります。アメリカではすでに医療費の高騰が医療保険制度を脅かしており、こうした薬のあり得ない値上げが、今後大きな論争に発展する可能性もあります。

▽シェリーめぐみ ジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター。横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る