シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米で初承認の「女性用バイアグラ」に早くもネガティブな評判

公開日: 更新日:

 女性版バイアグラとも呼ばれる薬「フリバンセリン(商品名アディー)」が、8月に米食品医薬品局から承認されました。男性向けの勃起不全治療薬は、過去20年に26種類も認可されていたのに、女性の性欲を高めるものは今回初めてということで、大きな話題になりました。しかし、アメリカでは歓迎どころか、否定的な反応が巻き起こっています。

 勃起治療薬は男性器への血流を増やすことで効果を上げますが、抗うつ薬として開発されたフリバンセリンは、性欲にかかわる神経伝達物質(ドーパミン、ノルアドレナリン)を多く出すよう脳に働きかけます。また、男性はセックスしたい時に飲めばいいのに比べ、女性用は毎日飲み続けなければなりません。

 その効果は、というと、通常女性が性的に満足できるセックスの回数は平均2~3回なのに対し、薬を飲んだ場合その回数が0.5~1回増える程度。しかも、多くの医師が吐き気、めまいなどの強い副作用を指摘しています。さらに、デートにつきもののアルコールと一緒に服用した場合、その副作用はより重くなると伝えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る