シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米で初承認の「女性用バイアグラ」に早くもネガティブな評判

公開日:  更新日:

 女性版バイアグラとも呼ばれる薬「フリバンセリン(商品名アディー)」が、8月に米食品医薬品局から承認されました。男性向けの勃起不全治療薬は、過去20年に26種類も認可されていたのに、女性の性欲を高めるものは今回初めてということで、大きな話題になりました。しかし、アメリカでは歓迎どころか、否定的な反応が巻き起こっています。

 勃起治療薬は男性器への血流を増やすことで効果を上げますが、抗うつ薬として開発されたフリバンセリンは、性欲にかかわる神経伝達物質(ドーパミン、ノルアドレナリン)を多く出すよう脳に働きかけます。また、男性はセックスしたい時に飲めばいいのに比べ、女性用は毎日飲み続けなければなりません。

 その効果は、というと、通常女性が性的に満足できるセックスの回数は平均2~3回なのに対し、薬を飲んだ場合その回数が0.5~1回増える程度。しかも、多くの医師が吐き気、めまいなどの強い副作用を指摘しています。さらに、デートにつきもののアルコールと一緒に服用した場合、その副作用はより重くなると伝えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る