シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米で初承認の「女性用バイアグラ」に早くもネガティブな評判

公開日:  更新日:

 女性版バイアグラとも呼ばれる薬「フリバンセリン(商品名アディー)」が、8月に米食品医薬品局から承認されました。男性向けの勃起不全治療薬は、過去20年に26種類も認可されていたのに、女性の性欲を高めるものは今回初めてということで、大きな話題になりました。しかし、アメリカでは歓迎どころか、否定的な反応が巻き起こっています。

 勃起治療薬は男性器への血流を増やすことで効果を上げますが、抗うつ薬として開発されたフリバンセリンは、性欲にかかわる神経伝達物質(ドーパミン、ノルアドレナリン)を多く出すよう脳に働きかけます。また、男性はセックスしたい時に飲めばいいのに比べ、女性用は毎日飲み続けなければなりません。

 その効果は、というと、通常女性が性的に満足できるセックスの回数は平均2~3回なのに対し、薬を飲んだ場合その回数が0.5~1回増える程度。しかも、多くの医師が吐き気、めまいなどの強い副作用を指摘しています。さらに、デートにつきもののアルコールと一緒に服用した場合、その副作用はより重くなると伝えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る