効果てきめん 夢の断酒薬「レグテクト」で“飲みたい”が消える

公開日: 更新日:

 飲み過ぎで胃腸が疲れているのに、仕事が終わると体中がムズムズして思わず缶ビールをプシュッ――。幻覚や手の震えなど、ハッキリとしたアルコール依存症の症状はなくても、「休肝日がつくれない」「飲みだすと止まらない」「自分はアル中一歩手前ではないか」。そんな不安を抱えている人は断酒補助剤を試してみるといいかもしれない。

 2年前に発売された「レグテクト」。アルコール外来のある病院や心療内科で処方してもらえるが、ネットを使った個人輸入が増えているという。

 レグテクトは1日3回、食後に服用する。興奮状態にある脳内のグルタミン酸作動性神経に働きかけ、飲酒欲求を直接抑える働きがある。当初はあくまで依存症の“治療薬”として発売されてきたが、うまく使えば「完全禁酒」をせずとも「節酒」「断酒」が期待できるという。

 聖路加国際病院内科名誉医長で、「西崎クリニック」院長の西崎統氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  5. 5

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  8. 8

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る