効果てきめん 夢の断酒薬「レグテクト」で“飲みたい”が消える

公開日:  更新日:

 飲み過ぎで胃腸が疲れているのに、仕事が終わると体中がムズムズして思わず缶ビールをプシュッ――。幻覚や手の震えなど、ハッキリとしたアルコール依存症の症状はなくても、「休肝日がつくれない」「飲みだすと止まらない」「自分はアル中一歩手前ではないか」。そんな不安を抱えている人は断酒補助剤を試してみるといいかもしれない。

 2年前に発売された「レグテクト」。アルコール外来のある病院や心療内科で処方してもらえるが、ネットを使った個人輸入が増えているという。

 レグテクトは1日3回、食後に服用する。興奮状態にある脳内のグルタミン酸作動性神経に働きかけ、飲酒欲求を直接抑える働きがある。当初はあくまで依存症の“治療薬”として発売されてきたが、うまく使えば「完全禁酒」をせずとも「節酒」「断酒」が期待できるという。

 聖路加国際病院内科名誉医長で、「西崎クリニック」院長の西崎統氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る