効果てきめん 夢の断酒薬「レグテクト」で“飲みたい”が消える

公開日: 更新日:

 飲み過ぎで胃腸が疲れているのに、仕事が終わると体中がムズムズして思わず缶ビールをプシュッ――。幻覚や手の震えなど、ハッキリとしたアルコール依存症の症状はなくても、「休肝日がつくれない」「飲みだすと止まらない」「自分はアル中一歩手前ではないか」。そんな不安を抱えている人は断酒補助剤を試してみるといいかもしれない。

 2年前に発売された「レグテクト」。アルコール外来のある病院や心療内科で処方してもらえるが、ネットを使った個人輸入が増えているという。

 レグテクトは1日3回、食後に服用する。興奮状態にある脳内のグルタミン酸作動性神経に働きかけ、飲酒欲求を直接抑える働きがある。当初はあくまで依存症の“治療薬”として発売されてきたが、うまく使えば「完全禁酒」をせずとも「節酒」「断酒」が期待できるという。

 聖路加国際病院内科名誉医長で、「西崎クリニック」院長の西崎統氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  2. 2

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  3. 3

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    過去にも関与…自民「ネトウヨ冊子」ネタ元は身内の可能性

  6. 6

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  10. 10

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る