“傾斜”より厄介? マンション住民を悩ます「3大問題」とは

公開日:  更新日:

 建物は問題ない場合でも、マンション住民の嘆きはやまない。住民同士のトラブルが後を絶たないからだ。

「キーワードは(1)高齢化(2)民泊(3)ペットロスです」と言うのは、マンション管理士の松本洋さん(写真)。まずは1つ目の「高齢化」である。

「住民が高齢化し、介護や体力の問題などで管理組合の理事のなり手がいないんです。そのため理事会が機能しない、何年も同じ人が理事長を務めるといった状態に。その結果“理事長は業者と癒着している”など、住民同士が疑心暗鬼になったりする。こうなると雰囲気は最悪です」

 国土交通省の調査では、マンションの区分所有者の半数以上が60歳以上。老後の不安から分譲マンションを賃貸に出し、家賃収入を得ようというケースが増加している。これが理事不足に拍車をかけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る