いや~山は疲れるなぁ<御岳山 後編>

公開日:  更新日:

「あそこにかやぶき屋根!」

 前のカップルが声を上げた。御岳ビジターセンターへ向かう途中には、宿か民家か、歴史を感じる家々が連なる。背景にはくっくり青い空が広がり、実に気持ちがいい。

 樹齢推定1000年という神代けやきを眺め、土産物屋が軒を連ねる町場通りを抜け、鳥居前広場へ。手を清め、女坂を上ると、武蔵御嶽神社。犬を連れている人も多い。この先は景色が一変し、まさに「森の中」になる。

「長尾平・ロックガーデン方面」とされている方向へ歩く。山歩き経験がほとんどなく、坂道が嫌いな私にはつらいのではないかと心配していたが、杞憂に終わった。御岳山はどちらかというとなだらかな道が続き、時々“アトラクション的”に、「よっこらせ」と上るところがある程度。

 途中、ワインが飲める休憩所があり、バーナーを出して調理をしている人もいて、一休みしようかと心が揺れた。ここでワインを飲んだら、絶対に、先へ進むのを放棄してしまう……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る