• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夜の村に「ショーッショッ」の声<野沢温泉村>

投稿日:  更新日:

 江戸時代から続く伝統的な祭り「湯澤神社例祭」を見に、信州・野沢温泉村に行ってきた。

「最近は休日に祭りの日程を合わせる地域も増えていますが、湯澤神社例祭は、毎年決まって9月8日、9日に行われるんです。観光客に向けての祭りではなくて、村人のための祭り。野沢温泉村以外で働いている人は、休みを取って参加します」(野沢温泉観光協会・森博美事務局長)

 前夜のニュースでは、天気は大荒れとしていたが、「雨でもやります」と森さんはきっぱり。それは頼もしい。

 8日の19時半から花火が打ち上げられ、灯籠行列が始まる。盛り上がるのは21時以降。

「祭りの準備や進行などは、42歳厄年の男性が中心になって行います」と森さんが渡してくれたのは、獅子が踊る写真が表紙のパンフレット。「四十二歳厄年 成翔会」と書かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る