夜の村に「ショーッショッ」の声<野沢温泉村>

公開日:  更新日:

 江戸時代から続く伝統的な祭り「湯澤神社例祭」を見に、信州・野沢温泉村に行ってきた。

「最近は休日に祭りの日程を合わせる地域も増えていますが、湯澤神社例祭は、毎年決まって9月8日、9日に行われるんです。観光客に向けての祭りではなくて、村人のための祭り。野沢温泉村以外で働いている人は、休みを取って参加します」(野沢温泉観光協会・森博美事務局長)

 前夜のニュースでは、天気は大荒れとしていたが、「雨でもやります」と森さんはきっぱり。それは頼もしい。

 8日の19時半から花火が打ち上げられ、灯籠行列が始まる。盛り上がるのは21時以降。

「祭りの準備や進行などは、42歳厄年の男性が中心になって行います」と森さんが渡してくれたのは、獅子が踊る写真が表紙のパンフレット。「四十二歳厄年 成翔会」と書かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る