宇喜多秀家の夢の跡<番外編 倉敷>

公開日: 更新日:

 川幅10メートルほどの倉敷川一帯は、宇喜多秀家の時代に干拓工事が完了した。これにより広大な新田が誕生し、多くの村民がこの地に移住してきた。

 倉敷は、そんな秀家の夢の跡である。秀家は五大老の身でありながら、関ケ原での敗戦後は八丈島に流刑となり、83歳で生涯を閉じるまで貧窮に泣いていたと伝えられる。一説には、島の代官に食事をご馳走になった際、余ったご飯をにぎり飯にしてもらって家族への土産としたそうだ。

 慶長5(1600)年に備中国奉行領となり、3代将軍家光治世の寛永19(1642)年に天領となって幕府直轄となった。秀家が整備した良港が、蔵米などの海上輸送の集積基地として活躍した。また、天領となる5年前には島原の乱もあって、幕府の軍事上の拠点としても重宝した。

 つまり、魅力ある土地だけに徳川氏に“収奪”されたわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

もっと見る