宇喜多秀家の夢の跡<番外編 倉敷>

公開日:  更新日:

 川幅10メートルほどの倉敷川一帯は、宇喜多秀家の時代に干拓工事が完了した。これにより広大な新田が誕生し、多くの村民がこの地に移住してきた。

 倉敷は、そんな秀家の夢の跡である。秀家は五大老の身でありながら、関ケ原での敗戦後は八丈島に流刑となり、83歳で生涯を閉じるまで貧窮に泣いていたと伝えられる。一説には、島の代官に食事をご馳走になった際、余ったご飯をにぎり飯にしてもらって家族への土産としたそうだ。

 慶長5(1600)年に備中国奉行領となり、3代将軍家光治世の寛永19(1642)年に天領となって幕府直轄となった。秀家が整備した良港が、蔵米などの海上輸送の集積基地として活躍した。また、天領となる5年前には島原の乱もあって、幕府の軍事上の拠点としても重宝した。

 つまり、魅力ある土地だけに徳川氏に“収奪”されたわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る