上司が仕事で味方につけるなら「無所属女子」がベストの理由

公開日:  更新日:

 最近、○○女子という名前を耳にする機会が増えた。自己顕示欲が強くメーク・ファッションばっちりの「キラキラ女子」や、卑屈でコンプレックスを抱える「こじらせ女子」は有名だ。

 女性たちはこの手のグループづくり、“格付け”や“派閥”が大好き。だが、「OLとうまくやっていきたい」と思うなら、特定のグループの女子社員と仲良くなるのはタブー。敵対グループのOLたちが、男性の行動を冷ややかな目で凝視しているのはよくある話だ。下手に片方に肩入れしたりすると、何かととばっちりを受けたりトラブルに巻き込まれかねない。そんな中、「無所属女子」が注目されている。

「無所属女子の外交術」(KADOKAWA)の著者・はあちゅう氏が言う。

「誰とでも等間隔な付き合いをするOLたちのことです。どこの派閥にも所属しないから、一見扱いづらく思うのですが、実は物事をフラットに見ている。“派閥”に入っている人ほど、社内の人事や人間関係を色眼鏡で見たり、他人の評価を決めつける傾向があり、仕事に悪影響が出ることも考えられます。その意味でも仕事のパートナーに選ぶなら無所属女子がベストです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る