入社1、2年目が「ゴールデンエージ」 新人は叱れば育つ

公開日:  更新日:

「ゴールデンエージ」という言葉をご存じだろうか。運動能力が急速に発達し、スポーツの動作習得に最も有利な時期とされる9歳から12歳頃までのことだ。

 15歳293日で女子プロゴルフツアー史上最年少優勝を遂げた勝みなみは、6歳でゴルフを始め、13歳で九州女子選手権を制した。彼女の急成長の時期は、ゴールデンエージとピッタリ一致する。

 日本サッカー協会も、この年代の才能を伸ばそうと必死だ。協会の「JFAキッズハンドブック」では、<集中力が高まり、運動学習能力が向上し、大人でも難しい難易度の高い動作も即座に覚えることができる>と、ゴールデンエージを説明している。

 実は、サラリーマンにもゴールデンエージが存在する。人材育成コンサルタントの内田和俊氏がこう言う。
「ゴールデンエージをサラリーマンに当てはめるなら、それは入社1~2年目です。この時期をどう過ごし、どんな上司や先輩と出会い、どんな影響を受け、どのような教育を受けるかで、その人のサラリーマン人生が大きく変わります。裏を返せば、上司や先輩の接し方が、かなり重要になってくるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る