跳人を体験<中野>

公開日:  更新日:

 1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された青森県のねぶた・ねぷたが、初めて記録に登場するのは享保年間(1716~1736年)のことだとか。

 現在は弘前市の行事を「ねぷた」、青森の行事を「ねぶた」と区別して呼ぶそうだが、江戸時代にはこの2つ以外に、「ねむた」「ねふた」などの表記があり、江戸末期になると漢字の「佞武多」もよく使われたという。

「昨年初めて参加して以来、毎日ねぶたのことを考えているんですよ」

“ねぶた愛”を熱く語るのは、六本木のだれもが知るビルに本社を構える若き社長。今年ももちろん青森のねぶたに参加し、かつ、関東近辺で行われているねぶたにも軒並み参加しているそうだ。

「和田さんも中野のねぶたに参加しませんか? 衣装はすべて弊社が用意します。楽しいですよ」 好奇心に押され、10月24日に開かれた「東北復興大祭典 なかの」のメーン「青森ねぶた」に参加することにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る