跳人を体験<中野>

公開日:  更新日:

 1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された青森県のねぶた・ねぷたが、初めて記録に登場するのは享保年間(1716~1736年)のことだとか。

 現在は弘前市の行事を「ねぷた」、青森の行事を「ねぶた」と区別して呼ぶそうだが、江戸時代にはこの2つ以外に、「ねむた」「ねふた」などの表記があり、江戸末期になると漢字の「佞武多」もよく使われたという。

「昨年初めて参加して以来、毎日ねぶたのことを考えているんですよ」

“ねぶた愛”を熱く語るのは、六本木のだれもが知るビルに本社を構える若き社長。今年ももちろん青森のねぶたに参加し、かつ、関東近辺で行われているねぶたにも軒並み参加しているそうだ。

「和田さんも中野のねぶたに参加しませんか? 衣装はすべて弊社が用意します。楽しいですよ」 好奇心に押され、10月24日に開かれた「東北復興大祭典 なかの」のメーン「青森ねぶた」に参加することにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る