跳人を体験<中野>

公開日: 更新日:

 1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された青森県のねぶた・ねぷたが、初めて記録に登場するのは享保年間(1716~1736年)のことだとか。

 現在は弘前市の行事を「ねぷた」、青森の行事を「ねぶた」と区別して呼ぶそうだが、江戸時代にはこの2つ以外に、「ねむた」「ねふた」などの表記があり、江戸末期になると漢字の「佞武多」もよく使われたという。

「昨年初めて参加して以来、毎日ねぶたのことを考えているんですよ」

“ねぶた愛”を熱く語るのは、六本木のだれもが知るビルに本社を構える若き社長。今年ももちろん青森のねぶたに参加し、かつ、関東近辺で行われているねぶたにも軒並み参加しているそうだ。

「和田さんも中野のねぶたに参加しませんか? 衣装はすべて弊社が用意します。楽しいですよ」 好奇心に押され、10月24日に開かれた「東北復興大祭典 なかの」のメーン「青森ねぶた」に参加することにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る