日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
一龍斎貞花
著者のコラム一覧
一龍斎貞花

1939年、愛知県生まれ。サラリーマンを経て29歳のとき講談師に転身。76年に5代目・一龍斎貞花を襲名。講談協会常任理事、一般社団法人日本演芸家連合前常任理事。古典はもとより、時世を反映した様々なテーマで講談および講演を行う。なかでも歴史をもとにした戦国武将シリーズは定評があり、企業の社員研修でも好評。著書に「戦国武将 生死を賭けた列語」「プロ野球武将列伝」ほか多数。

【蒲生氏郷編】人を動かすには処遇と情、そして自ら手本となること

信長にも一目置かれた(C)日刊ゲンダイ

 秀吉がその実力を恐れ、また、あと5年長生きしていたら家康は天下を取れなかったといわれる、蒲生氏郷。知勇兼備の武将で、私も“ナンバーワン”に推す武将です。本日は、多くの逸話を残した氏郷から人の使い方を学んで参ります。

 近江国日野城主・蒲生賢秀の嫡男…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事