“青缶”一つで全身OK 「ニベアクリーム」の好調支える一貫姿勢

公開日:  更新日:

“ニベアの青缶”でおなじみ。顔にも体にも、全身に使えるスキンケアクリーム「ニベアクリーム」(ニベア花王)が絶好調だ。1968年発売のロングセラー商品だが、近年、そのコストパフォーマンスの高さで改めて脚光を浴び、大ブレーク中。2014年は過去最高の売り上げを記録した。

 1911年にドイツで誕生し、68年に日本上陸。こってり硬めのテクスチャーで、しっとりとした素肌を保つニベアクリームは、高品質ながらリーズナブル。家族みんなで使えるとあって大ヒットし、一家に一個のペースで広く浸透していった。

「ニベアクリームのイメージは、信頼、やさしさ。親から子へ世代を超えて引き継がれる愛情。そういうものがすべて包含されている」(マーケティング部の雨宮綾子氏)

 時代は変わり、一人一人のスキンケアが当たり前になると、顔用、ボディー用などカテゴリーも細分化。ニベアもラインアップ拡大を進めるが、ブランドのシンボル的存在であるニベア青缶は変わることなく、一貫して、全身これひとつでOKというアプローチを続けてきた。そのブレない姿勢が、近年の好調を呼ぶ。まずは10年にテレビ番組の影響で再注目を浴びると、翌11年、生誕100周年を機に復活したテレビCMも好評を得て、売り上げが大きく上昇する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る