• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カルビー「フルグラ」は朝食の“脇役”に徹し売り上げ急伸

 シリアル市場を牽引する、カルビーの「フルグラ」に注目だ。オーツ麦などの穀物を主原料とするグラノーラに、ドライフルーツをミックスしたフルグラは、ご飯やパンに次ぐ第3の朝食として大ブレーク。1991年発売のロングセラーながら、近年、売り上げを大きく伸ばしている。

「ザクザクとした楽しい食感。加えて、イチゴやリンゴなど色とりどりのドライフルーツが入り、見た目においしい。この2つを徹底的に追求したことが、ブランド成功につながったと思う」(フルグラ事業部1課課長の網干弓子氏=写真)

 本場アメリカのグラノーラではなく、日本人が好む味覚に合わせて開発。まずは89年にプレーンな「グラノーラ」を発売したのち、91年、いまにつながる「フルーツグラノーラ」を投入。11年には愛称だった「フルグラ」を商品名にした。

 おいしさには自信があったが、発売当初はまだ知る人ぞ知るカテゴリーゆえ苦戦。ブレークは6年後の97年だ。栄養重視のグラノーラと、おいしさにもこだわったフルーツグラノーラを新しい「フルーツグラノーラ」に一本化し、営業やマーケティングを集中させると大ヒット。03年には年間売り上げが30億円に到達した。そして2011年、現在の第2次成長期がスタートする。勝因は、大きな市場をもつヨーグルトを味方につけた「お友だち作戦」の成功だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る