カルビー「フルグラ」は朝食の“脇役”に徹し売り上げ急伸

公開日: 更新日:

 シリアル市場を牽引する、カルビーの「フルグラ」に注目だ。オーツ麦などの穀物を主原料とするグラノーラに、ドライフルーツをミックスしたフルグラは、ご飯やパンに次ぐ第3の朝食として大ブレーク。1991年発売のロングセラーながら、近年、売り上げを大きく伸ばしている。

「ザクザクとした楽しい食感。加えて、イチゴやリンゴなど色とりどりのドライフルーツが入り、見た目においしい。この2つを徹底的に追求したことが、ブランド成功につながったと思う」(フルグラ事業部1課課長の網干弓子氏=写真)

 本場アメリカのグラノーラではなく、日本人が好む味覚に合わせて開発。まずは89年にプレーンな「グラノーラ」を発売したのち、91年、いまにつながる「フルーツグラノーラ」を投入。11年には愛称だった「フルグラ」を商品名にした。

 おいしさには自信があったが、発売当初はまだ知る人ぞ知るカテゴリーゆえ苦戦。ブレークは6年後の97年だ。栄養重視のグラノーラと、おいしさにもこだわったフルーツグラノーラを新しい「フルーツグラノーラ」に一本化し、営業やマーケティングを集中させると大ヒット。03年には年間売り上げが30億円に到達した。そして2011年、現在の第2次成長期がスタートする。勝因は、大きな市場をもつヨーグルトを味方につけた「お友だち作戦」の成功だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る