カルビー「フルグラ」は朝食の“脇役”に徹し売り上げ急伸

公開日:  更新日:

 シリアル市場を牽引する、カルビーの「フルグラ」に注目だ。オーツ麦などの穀物を主原料とするグラノーラに、ドライフルーツをミックスしたフルグラは、ご飯やパンに次ぐ第3の朝食として大ブレーク。1991年発売のロングセラーながら、近年、売り上げを大きく伸ばしている。

「ザクザクとした楽しい食感。加えて、イチゴやリンゴなど色とりどりのドライフルーツが入り、見た目においしい。この2つを徹底的に追求したことが、ブランド成功につながったと思う」(フルグラ事業部1課課長の網干弓子氏=写真)

 本場アメリカのグラノーラではなく、日本人が好む味覚に合わせて開発。まずは89年にプレーンな「グラノーラ」を発売したのち、91年、いまにつながる「フルーツグラノーラ」を投入。11年には愛称だった「フルグラ」を商品名にした。

 おいしさには自信があったが、発売当初はまだ知る人ぞ知るカテゴリーゆえ苦戦。ブレークは6年後の97年だ。栄養重視のグラノーラと、おいしさにもこだわったフルーツグラノーラを新しい「フルーツグラノーラ」に一本化し、営業やマーケティングを集中させると大ヒット。03年には年間売り上げが30億円に到達した。そして2011年、現在の第2次成長期がスタートする。勝因は、大きな市場をもつヨーグルトを味方につけた「お友だち作戦」の成功だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る