ロングセラー亀田の柿の種 「柿」と「ピー」の配合割合は6対4

公開日:  更新日:

“柿ピー”は、日本のおやつ、おつまみの定番だ。その代表といえるのが、亀田製菓の「亀田の柿の種」。現在、柿の種群におけるシェアは約7割。1966年の発売から50年近く経ったいまも圧倒的強さを誇っている。

 人気の理由はもちろんおいしさであり、その秘密は、ピリッとした辛さの「柿の種」とマイルドな甘さの「ピーナツ」の絶妙なバランスにある。

「おいしい組み合わせを守るため、柿の種とピーナツの配合割合は、ユーザーの嗜好に合わせ試行錯誤しながら変えてきた。当初は7対3、その後5対5の時期を経て、現在は約6対4の割合にしている」(経営企画部の尾関淑江氏)

 柿の種にピーナツを入れた起源については諸説あるが、米菓メーカーとして一般流通販売を行ったのは亀田製菓が最初である。50年ごろ(前身は亀田町農産加工農業協同組合)から柿の種を製造していた同社。あるとき、創業者の妻が、直売所で量り売りをしていた瓶詰の「柿の種」と「ピーナツ」を交ぜてみたら、とてもおいしく好評だったため、商品化に至ったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る