ロングセラー亀田の柿の種 「柿」と「ピー」の配合割合は6対4

公開日:  更新日:

“柿ピー”は、日本のおやつ、おつまみの定番だ。その代表といえるのが、亀田製菓の「亀田の柿の種」。現在、柿の種群におけるシェアは約7割。1966年の発売から50年近く経ったいまも圧倒的強さを誇っている。

 人気の理由はもちろんおいしさであり、その秘密は、ピリッとした辛さの「柿の種」とマイルドな甘さの「ピーナツ」の絶妙なバランスにある。

「おいしい組み合わせを守るため、柿の種とピーナツの配合割合は、ユーザーの嗜好に合わせ試行錯誤しながら変えてきた。当初は7対3、その後5対5の時期を経て、現在は約6対4の割合にしている」(経営企画部の尾関淑江氏)

 柿の種にピーナツを入れた起源については諸説あるが、米菓メーカーとして一般流通販売を行ったのは亀田製菓が最初である。50年ごろ(前身は亀田町農産加工農業協同組合)から柿の種を製造していた同社。あるとき、創業者の妻が、直売所で量り売りをしていた瓶詰の「柿の種」と「ピーナツ」を交ぜてみたら、とてもおいしく好評だったため、商品化に至ったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る