ロングセラー亀田の柿の種 「柿」と「ピー」の配合割合は6対4

公開日: 更新日:

“柿ピー”は、日本のおやつ、おつまみの定番だ。その代表といえるのが、亀田製菓の「亀田の柿の種」。現在、柿の種群におけるシェアは約7割。1966年の発売から50年近く経ったいまも圧倒的強さを誇っている。

 人気の理由はもちろんおいしさであり、その秘密は、ピリッとした辛さの「柿の種」とマイルドな甘さの「ピーナツ」の絶妙なバランスにある。

「おいしい組み合わせを守るため、柿の種とピーナツの配合割合は、ユーザーの嗜好に合わせ試行錯誤しながら変えてきた。当初は7対3、その後5対5の時期を経て、現在は約6対4の割合にしている」(経営企画部の尾関淑江氏)

 柿の種にピーナツを入れた起源については諸説あるが、米菓メーカーとして一般流通販売を行ったのは亀田製菓が最初である。50年ごろ(前身は亀田町農産加工農業協同組合)から柿の種を製造していた同社。あるとき、創業者の妻が、直売所で量り売りをしていた瓶詰の「柿の種」と「ピーナツ」を交ぜてみたら、とてもおいしく好評だったため、商品化に至ったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る