• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロングセラー亀田の柿の種 「柿」と「ピー」の配合割合は6対4

“柿ピー”は、日本のおやつ、おつまみの定番だ。その代表といえるのが、亀田製菓の「亀田の柿の種」。現在、柿の種群におけるシェアは約7割。1966年の発売から50年近く経ったいまも圧倒的強さを誇っている。

 人気の理由はもちろんおいしさであり、その秘密は、ピリッとした辛さの「柿の種」とマイルドな甘さの「ピーナツ」の絶妙なバランスにある。

「おいしい組み合わせを守るため、柿の種とピーナツの配合割合は、ユーザーの嗜好に合わせ試行錯誤しながら変えてきた。当初は7対3、その後5対5の時期を経て、現在は約6対4の割合にしている」(経営企画部の尾関淑江氏)

 柿の種にピーナツを入れた起源については諸説あるが、米菓メーカーとして一般流通販売を行ったのは亀田製菓が最初である。50年ごろ(前身は亀田町農産加工農業協同組合)から柿の種を製造していた同社。あるとき、創業者の妻が、直売所で量り売りをしていた瓶詰の「柿の種」と「ピーナツ」を交ぜてみたら、とてもおいしく好評だったため、商品化に至ったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る