発売2週間で完売 「サラダチキン」大ヒットの裏側

公開日:  更新日:

 セブン&アイ・ホールディングスが展開するプライベートブランド「セブンプレミアム」の総菜「サラダチキン」が売れに売れている。鶏ムネ肉を軟らかく蒸し上げた一品は、そのまま食べられる手軽さが受け、2013年11月の発売以来、急成長。累計販売個数は5000万パックを超えた(11月末現在)。

 サラダチキンは名前の通りサラダが起点だ。

「セブン&アイグループでは、食べきりサイズのカットサラダが好調で、近年その伸び率は非常に高い。そこで関連商品を増やそうと考え、チキンに着目。もともと蒸し鶏のニーズがあったことから、サラダのトッピング具材としてサラダチキンを開発した」(セブン&アイグループMD改革プロジェクトの藍原康雅氏)

 塩・こしょうでシンプルに味付けした「プレーン」と、ハーブで味付けした「ハーブ」の2品でスタート。セブンプレミアムの通常商品ゆえ、特に宣伝は打っていない。にもかかわらず、セブン-イレブンを中心に爆発的な売れ行きを見せた。結果、発売から約2週間で在庫が完売に。改めて生産を立て直して再販。以来、店頭に並んだそばから売れていく好調が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る