発売2週間で完売 「サラダチキン」大ヒットの裏側

公開日:  更新日:

 セブン&アイ・ホールディングスが展開するプライベートブランド「セブンプレミアム」の総菜「サラダチキン」が売れに売れている。鶏ムネ肉を軟らかく蒸し上げた一品は、そのまま食べられる手軽さが受け、2013年11月の発売以来、急成長。累計販売個数は5000万パックを超えた(11月末現在)。

 サラダチキンは名前の通りサラダが起点だ。

「セブン&アイグループでは、食べきりサイズのカットサラダが好調で、近年その伸び率は非常に高い。そこで関連商品を増やそうと考え、チキンに着目。もともと蒸し鶏のニーズがあったことから、サラダのトッピング具材としてサラダチキンを開発した」(セブン&アイグループMD改革プロジェクトの藍原康雅氏)

 塩・こしょうでシンプルに味付けした「プレーン」と、ハーブで味付けした「ハーブ」の2品でスタート。セブンプレミアムの通常商品ゆえ、特に宣伝は打っていない。にもかかわらず、セブン-イレブンを中心に爆発的な売れ行きを見せた。結果、発売から約2週間で在庫が完売に。改めて生産を立て直して再販。以来、店頭に並んだそばから売れていく好調が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る