• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発売2週間で完売 「サラダチキン」大ヒットの裏側

 セブン&アイ・ホールディングスが展開するプライベートブランド「セブンプレミアム」の総菜「サラダチキン」が売れに売れている。鶏ムネ肉を軟らかく蒸し上げた一品は、そのまま食べられる手軽さが受け、2013年11月の発売以来、急成長。累計販売個数は5000万パックを超えた(11月末現在)。

 サラダチキンは名前の通りサラダが起点だ。

「セブン&アイグループでは、食べきりサイズのカットサラダが好調で、近年その伸び率は非常に高い。そこで関連商品を増やそうと考え、チキンに着目。もともと蒸し鶏のニーズがあったことから、サラダのトッピング具材としてサラダチキンを開発した」(セブン&アイグループMD改革プロジェクトの藍原康雅氏)

 塩・こしょうでシンプルに味付けした「プレーン」と、ハーブで味付けした「ハーブ」の2品でスタート。セブンプレミアムの通常商品ゆえ、特に宣伝は打っていない。にもかかわらず、セブン-イレブンを中心に爆発的な売れ行きを見せた。結果、発売から約2週間で在庫が完売に。改めて生産を立て直して再販。以来、店頭に並んだそばから売れていく好調が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る