薄毛や不眠の原因にも…「浅呼吸」が体の不調を招く

公開日: 更新日:

 眠れない、体がだるい、イライラする、髪が薄くなったかも――。こんな症状があるのは、間違った呼吸法が原因かもしれない。息を吸う、吐くは、誰もが自然にやっていることだが、その動作を誤ると息が上がって浅呼吸の状態になるという。これが問題なのだ。

「ほとんどの人は、呼吸が表面のみで行われる浅呼吸になっています。呼吸は、肺が『膨らむ⇔しぼむ』のリズムに合わせることによって、頭の先から足の指先まで、新鮮な酸素が血液やリンパ、体液などと一緒に全身を巡ります。この呼吸循環、体液循環をスムーズに行うことで健康な体をつくるのです」

 こう言うのは、「いつもの呼吸で病気を流す」(ワニブックス)の著者で、呼吸整体師の森田愛子氏(写真)だ。これまで4万人の呼吸法を正してきた。

「人間は緊張状態になると息を吐くというよりも吸ってばかりいます。息を吸うと、体が内側から外側へ膨らむ力を感じるでしょう。浅い呼吸や止まりがちな呼吸は体を膨らませてしまいます。常に膨らむ圧力が体の中で生じ続けると、筋肉は緊張しやすく、関節の動きはぎこちなくなり、神経の働きも偏り、内臓の働きや循環も悪くなるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感