薄毛や不眠の原因にも…「浅呼吸」が体の不調を招く

公開日: 更新日:

 眠れない、体がだるい、イライラする、髪が薄くなったかも――。こんな症状があるのは、間違った呼吸法が原因かもしれない。息を吸う、吐くは、誰もが自然にやっていることだが、その動作を誤ると息が上がって浅呼吸の状態になるという。これが問題なのだ。

「ほとんどの人は、呼吸が表面のみで行われる浅呼吸になっています。呼吸は、肺が『膨らむ⇔しぼむ』のリズムに合わせることによって、頭の先から足の指先まで、新鮮な酸素が血液やリンパ、体液などと一緒に全身を巡ります。この呼吸循環、体液循環をスムーズに行うことで健康な体をつくるのです」

 こう言うのは、「いつもの呼吸で病気を流す」(ワニブックス)の著者で、呼吸整体師の森田愛子氏(写真)だ。これまで4万人の呼吸法を正してきた。

「人間は緊張状態になると息を吐くというよりも吸ってばかりいます。息を吸うと、体が内側から外側へ膨らむ力を感じるでしょう。浅い呼吸や止まりがちな呼吸は体を膨らませてしまいます。常に膨らむ圧力が体の中で生じ続けると、筋肉は緊張しやすく、関節の動きはぎこちなくなり、神経の働きも偏り、内臓の働きや循環も悪くなるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  6. 6

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

  10. 10

    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る