薄毛や不眠の原因にも…「浅呼吸」が体の不調を招く

公開日:  更新日:

 眠れない、体がだるい、イライラする、髪が薄くなったかも――。こんな症状があるのは、間違った呼吸法が原因かもしれない。息を吸う、吐くは、誰もが自然にやっていることだが、その動作を誤ると息が上がって浅呼吸の状態になるという。これが問題なのだ。

「ほとんどの人は、呼吸が表面のみで行われる浅呼吸になっています。呼吸は、肺が『膨らむ⇔しぼむ』のリズムに合わせることによって、頭の先から足の指先まで、新鮮な酸素が血液やリンパ、体液などと一緒に全身を巡ります。この呼吸循環、体液循環をスムーズに行うことで健康な体をつくるのです」

 こう言うのは、「いつもの呼吸で病気を流す」(ワニブックス)の著者で、呼吸整体師の森田愛子氏(写真)だ。これまで4万人の呼吸法を正してきた。

「人間は緊張状態になると息を吐くというよりも吸ってばかりいます。息を吸うと、体が内側から外側へ膨らむ力を感じるでしょう。浅い呼吸や止まりがちな呼吸は体を膨らませてしまいます。常に膨らむ圧力が体の中で生じ続けると、筋肉は緊張しやすく、関節の動きはぎこちなくなり、神経の働きも偏り、内臓の働きや循環も悪くなるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る