スムーズな寝返りで熟睡…快眠の友「玄関マット枕」の作り方

公開日:  更新日:

 たっぷり寝たのに疲れている、そんな諸氏は枕を疑った方がいい。別掲のチェック表で心当たりのある人は枕が合っていない可能性が高い。

 枕の専門医、16号整形外科(神奈川・相模原)の山田朱織院長がこう言う。

「寝姿勢が悪いと熟睡できず、その日の疲れがリセットできません。その一番の要因が枕。枕を変えるだけで寝苦しさから解放され、体の不調も軽減できます」

 枕も寝具も素材がフカフカなほうが熟睡できるかと思いきや、実は逆。

「睡眠中は寝返りを打ちながら体の疲れをリセットし、血流の滞りを解消します。ですから快眠のカギは“寝返りをスムーズにする”こと。フワフワした枕はあおむけ寝のときに頭を固定してしまい、左右に寝返りを打つ際に勢いが必要になります。無意識に『よっこいしょ』とやっているわけで、これでは寝返りを打つ時に足・腰・首がバラバラに動き、体の一部がねじれるため、ストレスがかかってしまう。枕は、個々の体形にあった高さをキープできる硬め素材で、頭を左右にコロコロ転がしやすい平らな形がよいのです」(山田院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る