• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スムーズな寝返りで熟睡…快眠の友「玄関マット枕」の作り方

 たっぷり寝たのに疲れている、そんな諸氏は枕を疑った方がいい。別掲のチェック表で心当たりのある人は枕が合っていない可能性が高い。

 枕の専門医、16号整形外科(神奈川・相模原)の山田朱織院長がこう言う。

「寝姿勢が悪いと熟睡できず、その日の疲れがリセットできません。その一番の要因が枕。枕を変えるだけで寝苦しさから解放され、体の不調も軽減できます」

 枕も寝具も素材がフカフカなほうが熟睡できるかと思いきや、実は逆。

「睡眠中は寝返りを打ちながら体の疲れをリセットし、血流の滞りを解消します。ですから快眠のカギは“寝返りをスムーズにする”こと。フワフワした枕はあおむけ寝のときに頭を固定してしまい、左右に寝返りを打つ際に勢いが必要になります。無意識に『よっこいしょ』とやっているわけで、これでは寝返りを打つ時に足・腰・首がバラバラに動き、体の一部がねじれるため、ストレスがかかってしまう。枕は、個々の体形にあった高さをキープできる硬め素材で、頭を左右にコロコロ転がしやすい平らな形がよいのです」(山田院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る