• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スムーズな寝返りで熟睡…快眠の友「玄関マット枕」の作り方

 たっぷり寝たのに疲れている、そんな諸氏は枕を疑った方がいい。別掲のチェック表で心当たりのある人は枕が合っていない可能性が高い。

 枕の専門医、16号整形外科(神奈川・相模原)の山田朱織院長がこう言う。

「寝姿勢が悪いと熟睡できず、その日の疲れがリセットできません。その一番の要因が枕。枕を変えるだけで寝苦しさから解放され、体の不調も軽減できます」

 枕も寝具も素材がフカフカなほうが熟睡できるかと思いきや、実は逆。

「睡眠中は寝返りを打ちながら体の疲れをリセットし、血流の滞りを解消します。ですから快眠のカギは“寝返りをスムーズにする”こと。フワフワした枕はあおむけ寝のときに頭を固定してしまい、左右に寝返りを打つ際に勢いが必要になります。無意識に『よっこいしょ』とやっているわけで、これでは寝返りを打つ時に足・腰・首がバラバラに動き、体の一部がねじれるため、ストレスがかかってしまう。枕は、個々の体形にあった高さをキープできる硬め素材で、頭を左右にコロコロ転がしやすい平らな形がよいのです」(山田院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  3. 3

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る