スムーズな寝返りで熟睡…快眠の友「玄関マット枕」の作り方

公開日:  更新日:

 たっぷり寝たのに疲れている、そんな諸氏は枕を疑った方がいい。別掲のチェック表で心当たりのある人は枕が合っていない可能性が高い。

 枕の専門医、16号整形外科(神奈川・相模原)の山田朱織院長がこう言う。

「寝姿勢が悪いと熟睡できず、その日の疲れがリセットできません。その一番の要因が枕。枕を変えるだけで寝苦しさから解放され、体の不調も軽減できます」

 枕も寝具も素材がフカフカなほうが熟睡できるかと思いきや、実は逆。

「睡眠中は寝返りを打ちながら体の疲れをリセットし、血流の滞りを解消します。ですから快眠のカギは“寝返りをスムーズにする”こと。フワフワした枕はあおむけ寝のときに頭を固定してしまい、左右に寝返りを打つ際に勢いが必要になります。無意識に『よっこいしょ』とやっているわけで、これでは寝返りを打つ時に足・腰・首がバラバラに動き、体の一部がねじれるため、ストレスがかかってしまう。枕は、個々の体形にあった高さをキープできる硬め素材で、頭を左右にコロコロ転がしやすい平らな形がよいのです」(山田院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る