わかやま紀州館で見つけた “クジラつながり”の酒とツマミ

公開日: 更新日:

 晩酌の友をアンテナショップで探す――新連載の初回は和歌山県の「わかやま紀州館」(有楽町)を訪ねた。

 和歌山は酒蔵が16蔵と少なめだが、マンガ「もやしもん」で紹介された「龍神丸」や、首都圏でも根強い人気の「黒牛」など、知る人ぞ知る銘酒が多い。もともと金山寺味噌や湯浅醤油など発酵文化が栄えた土地柄。同じ発酵食品の日本酒のポテンシャルは高いのだ。

 サブマネジャーの川舩暢さんのおすすめは、新宮市・尾崎酒造の「鯨えびす」。熊野川沿いに酒蔵があり、その川が運んでくる冷気や伏流水を酒造りに生かす。酒名は熊野地方が発祥の古式捕鯨にちなむ。かつて“一頭で七浦うるおう”といわれたクジラは「エビスさん」と呼ばれていた。

 ならばつまみもクジラがいい。角煮や手羽の刺し身もあるが、ここは手軽にクジラ肉ソーセージを選択。ミンククジラ肉15%入りである。帰ってさっそくカップ酒のフタを開けると、甘酸っぱい香りが鼻をくすぐった。口に含んでみると、甘めではあるがキレがある良い酒だとわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る