わかやま紀州館で見つけた “クジラつながり”の酒とツマミ

公開日:  更新日:

 晩酌の友をアンテナショップで探す――新連載の初回は和歌山県の「わかやま紀州館」(有楽町)を訪ねた。

 和歌山は酒蔵が16蔵と少なめだが、マンガ「もやしもん」で紹介された「龍神丸」や、首都圏でも根強い人気の「黒牛」など、知る人ぞ知る銘酒が多い。もともと金山寺味噌や湯浅醤油など発酵文化が栄えた土地柄。同じ発酵食品の日本酒のポテンシャルは高いのだ。

 サブマネジャーの川舩暢さんのおすすめは、新宮市・尾崎酒造の「鯨えびす」。熊野川沿いに酒蔵があり、その川が運んでくる冷気や伏流水を酒造りに生かす。酒名は熊野地方が発祥の古式捕鯨にちなむ。かつて“一頭で七浦うるおう”といわれたクジラは「エビスさん」と呼ばれていた。

 ならばつまみもクジラがいい。角煮や手羽の刺し身もあるが、ここは手軽にクジラ肉ソーセージを選択。ミンククジラ肉15%入りである。帰ってさっそくカップ酒のフタを開けると、甘酸っぱい香りが鼻をくすぐった。口に含んでみると、甘めではあるがキレがある良い酒だとわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る