• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

わかやま紀州館で見つけた “クジラつながり”の酒とツマミ

 晩酌の友をアンテナショップで探す――新連載の初回は和歌山県の「わかやま紀州館」(有楽町)を訪ねた。

 和歌山は酒蔵が16蔵と少なめだが、マンガ「もやしもん」で紹介された「龍神丸」や、首都圏でも根強い人気の「黒牛」など、知る人ぞ知る銘酒が多い。もともと金山寺味噌や湯浅醤油など発酵文化が栄えた土地柄。同じ発酵食品の日本酒のポテンシャルは高いのだ。

 サブマネジャーの川舩暢さんのおすすめは、新宮市・尾崎酒造の「鯨えびす」。熊野川沿いに酒蔵があり、その川が運んでくる冷気や伏流水を酒造りに生かす。酒名は熊野地方が発祥の古式捕鯨にちなむ。かつて“一頭で七浦うるおう”といわれたクジラは「エビスさん」と呼ばれていた。

 ならばつまみもクジラがいい。角煮や手羽の刺し身もあるが、ここは手軽にクジラ肉ソーセージを選択。ミンククジラ肉15%入りである。帰ってさっそくカップ酒のフタを開けると、甘酸っぱい香りが鼻をくすぐった。口に含んでみると、甘めではあるがキレがある良い酒だとわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る