中村隼人もお気に入りの幕末から続く浅草の老舗「尾張屋」

公開日:  更新日:

 歌舞伎界きってのイケメンと評判の若手俳優、中村隼人(21)。舞台にドラマにと精力的に活躍しているが、高校生の頃から足を運んでいるのが浅草にあるそば処「尾張屋」(支店)だ。

 場所は地下鉄浅草駅を出てすぐの賑やかな雷門通り沿い。幕末創業、現在は5代目が切り盛りする老舗で、かつては文豪の永井荷風が通い詰めたことでも知られている。

 浅草という観光地にありながら、今も客の半数以上は地元の常連客。時代を超えて愛され続ける最大の理由は代々受け継がれてきた“本物志向”にある。

 例えば、そば粉はあえて産地を限定せずに、その時期に一番いいものを厳選。毎日ひきたての一番粉を使用している。天ぷらに使うゴマ油も、長年つきあいのある油屋に特注。季節で微妙に調合を変え、冬はコクのある油を、夏はさっぱりとした油を使うというこだわりようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る