43階から小1女児転落 タワマン慣れが“高所平気症”を生む

公開日:  更新日:

 悲劇としか言いようがない。大阪市の高層マンション最上階(43階)から小1の佐々木ももちゃん(6)が転落死した事故。ももちゃんは転落直前まで両親とアニメを見ていたが、両親が家事で目を離したすきに窓から誤って落ちたとみられている。転落の原因は不明だが、ももちゃんが見ていたのは主人公が空を飛ぶアニメだったという。

 窓から地上までの高さは約140メートル。現場では高さ1メートルにある窓が外向けに開いていたといい、ももちゃんは室内の椅子などを使って窓から身を乗り出し、転落した可能性があるという。が、この事故は他人事じゃない。

「最近は『高所平気症』の子どもが増えています」と警鐘を鳴らすのは福島学院大教授の織田正昭氏(母子保健学)だ。

「高所平気症は恐怖症の逆の意味で、高いところを平気と思う感覚のことです。一般的には4歳になると神経や感覚の8割が育つようになりますが、高層マンションに住む子どもは高所に慣れてしまい、怖さを感じる感覚が育たなくなる。そんな高所平気症の子どもがゲームなどにのめりこみ、現実とバーチャルの区別がつかなくなると高所で危険な遊びをするようになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る