国税庁が“厳罰化”検討 「タワーマンション節税」の錬金術とは

公開日: 更新日:

 タワーマンションが即日完売状態だ。実は、人気の裏には相続対策があって、人によっては10億円もの相続税をチャラにできるという。そんな事態を重く見た国税庁は「悪質なケースは課税を強化する」と全国の税務署に指示を出した。

 どんなケースがヤバイのか。タワマン節税を指南した税理士が言う。

「マンションの場合、土地は所有者で区分されるため、土地に対する課税評価額は小さい。上物の評価額は、広さが同じなら階数に変わりなく同じですが、実際の購入額は高層階ほど高い。入居者が多いタワマンほど、圧縮効果がデカい上、物件を賃貸に回せば、評価額を2割まで圧縮できる。さらに株式会社をつくって、その会社に物件を所有させ、株式を子に贈与させるようにすれば、事実上ゼロにできるのです。私がアドバイスしたケースでは、親が事業を譲渡して得た所得のうち6割の6億円を一人息子に相続させる案件で、ゼロに成功。このような節税対策は、これから危ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る