国税庁が“厳罰化”検討 「タワーマンション節税」の錬金術とは

公開日: 更新日:

 タワーマンションが即日完売状態だ。実は、人気の裏には相続対策があって、人によっては10億円もの相続税をチャラにできるという。そんな事態を重く見た国税庁は「悪質なケースは課税を強化する」と全国の税務署に指示を出した。

 どんなケースがヤバイのか。タワマン節税を指南した税理士が言う。

「マンションの場合、土地は所有者で区分されるため、土地に対する課税評価額は小さい。上物の評価額は、広さが同じなら階数に変わりなく同じですが、実際の購入額は高層階ほど高い。入居者が多いタワマンほど、圧縮効果がデカい上、物件を賃貸に回せば、評価額を2割まで圧縮できる。さらに株式会社をつくって、その会社に物件を所有させ、株式を子に贈与させるようにすれば、事実上ゼロにできるのです。私がアドバイスしたケースでは、親が事業を譲渡して得た所得のうち6割の6億円を一人息子に相続させる案件で、ゼロに成功。このような節税対策は、これから危ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る