国税庁が“厳罰化”検討 「タワーマンション節税」の錬金術とは

公開日:  更新日:

 タワーマンションが即日完売状態だ。実は、人気の裏には相続対策があって、人によっては10億円もの相続税をチャラにできるという。そんな事態を重く見た国税庁は「悪質なケースは課税を強化する」と全国の税務署に指示を出した。

 どんなケースがヤバイのか。タワマン節税を指南した税理士が言う。

「マンションの場合、土地は所有者で区分されるため、土地に対する課税評価額は小さい。上物の評価額は、広さが同じなら階数に変わりなく同じですが、実際の購入額は高層階ほど高い。入居者が多いタワマンほど、圧縮効果がデカい上、物件を賃貸に回せば、評価額を2割まで圧縮できる。さらに株式会社をつくって、その会社に物件を所有させ、株式を子に贈与させるようにすれば、事実上ゼロにできるのです。私がアドバイスしたケースでは、親が事業を譲渡して得た所得のうち6割の6億円を一人息子に相続させる案件で、ゼロに成功。このような節税対策は、これから危ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る