熊本での被害懸念 殺鼠剤効かないスーパーラットが増殖中

公開日: 更新日:
クマネズミ(提供写真)

 家屋の柱や電線ケーブルをかじるだけでなく、感染症をまき散らすネズミ被害。大震災に見舞われた熊本・大分での今後の被害が懸念されるが、東京都でも相談件数は年間約7000件に上る。どんな種類のネズミが猛威をふるっているのか。ネズミ退治の第一人者、イカリ消毒・技術研究所の谷川力所長はこ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  3. 3

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  9. 9

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る