日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

碓井真史さんが指摘 「ネットが弱者への憎悪を増幅する」

19人を刺殺した植松聖容疑者(C)日刊ゲンダイ

「障害者の遺伝子は後世に残してはいけないから安楽死をさせたほうがいい」――。相模原市の障害者施設で19人を刺殺した植松聖容疑者(26)の言葉だ。恐ろしいまでの差別と偏見だが、新潟青陵大学の碓井真史教授は、インターネットが弱者への憎悪を増幅していると指摘する。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事