“当たりやすさ”はダントツ高知 オータムジャンボ狙い目は

公開日: 更新日:

 先日発表された「平成27年度・都道府県別高額当せん発生状況」(全国自治宝くじ事務協議会)が話題だ。ジャンボ宝くじ(ドリーム・サマー・年末)の人口1人あたりの当たりやすさが、1位の東京に次いで、2位富山、3位静岡――。地方都市で当たっているからだ。宝くじ評論家の長利正弘氏は言う。

「本数では、東京240本、大阪113本、愛知59本がベスト3。ところが人口1人あたりだと、大阪は4位で愛知県はベスト10圏外でした。注目は6位の高知県です」

 高知県は最近、バンバン当たりを出している。数字選択式宝くじ(ロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズ3、ナンバーズ4)では、当たりやすさ1位となっている。

「本数では東京162本、大阪107本、神奈川84本が上位3都府県ですが、いずれもベスト5に入っていません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る