“当たりやすさ”はダントツ高知 オータムジャンボ狙い目は

公開日:  更新日:

 先日発表された「平成27年度・都道府県別高額当せん発生状況」(全国自治宝くじ事務協議会)が話題だ。ジャンボ宝くじ(ドリーム・サマー・年末)の人口1人あたりの当たりやすさが、1位の東京に次いで、2位富山、3位静岡――。地方都市で当たっているからだ。宝くじ評論家の長利正弘氏は言う。

「本数では、東京240本、大阪113本、愛知59本がベスト3。ところが人口1人あたりだと、大阪は4位で愛知県はベスト10圏外でした。注目は6位の高知県です」

 高知県は最近、バンバン当たりを出している。数字選択式宝くじ(ロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズ3、ナンバーズ4)では、当たりやすさ1位となっている。

「本数では東京162本、大阪107本、神奈川84本が上位3都府県ですが、いずれもベスト5に入っていません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る