未来技術遺産に認定 「酵素パワーのトップ」の何が凄い?

公開日:  更新日:

「酵素パワーのトップ!」といえば、みんなが知っている洗剤。その「トップ」が国立科学博物館の「未来技術遺産」に選ばれた。日本の文化や生活に影響を与え、未来に引き継がれる技術に与えられるもので、過去にフジカラー「写ルンです」やソニー「ウォークマン」などが選ばれている。日常的に使っている洗剤がウォークマンなどと同じような画期的な商品に認定されるとはビックリだ。

 トップはライオン油脂(現・ライオン)が1979年に発売。「酵素パワー」という言葉が耳にこびりついている人もいるはずだが、実は歴史的にも意義ある商品だったらしい。

 国立科学博物館によると、戦後の洗剤は汚れを包んで水と一緒に落とす界面活性剤にリン酸化合物を混ぜていた。リン酸によって汚れ落とし効果が増したからだ。同館産業技術史資料情報センター副センター長の亀井修氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る