• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

炎上オブジェは「遊具ではなくアート作品」 何が境界線?

 幼稚園児の佐伯健仁君(5)がアートイベントの火災で亡くなった痛ましい事故で、改めて浮き彫りになったのが芸術と遊びの融合だ。本来、両者は別物のはずだが、その境界線は、どんどんうやむやになっている。

 イベントで炎上した木製オブジェはジャングルジムのような形状で、見学者が中で遊ぶことができた。それでも、制作者サイドは「遊具ではなくアート作品」と説明する。一体、遊具とアート作品の境界線はどこにあるのか。

 遊具については、国土交通省が14年前に「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」で基本的な考えを示している。それによると、遊具の定義は、「主として子供の利用に供するもので、本体の一部が設置面に固定されているもの」とされ、ブランコ、滑り台のほか、ジャングルジムも含まれている。

 ところが、これは「あくまでも都市公園内に設置される遊具について示したもので、一般的な遊具全般を定義するものではありません」(国土交通省都市局公園緑地・景観課)と言う。つまり、都市公園の敷地外にあるジャングルジムについては、遊具かどうかの明確な規定はないのだ。だから、制作者がアートと言えば、アートになる。言ったもん勝ちみたいな世界だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る