炎上オブジェは「遊具ではなくアート作品」 何が境界線?

公開日:

 幼稚園児の佐伯健仁君(5)がアートイベントの火災で亡くなった痛ましい事故で、改めて浮き彫りになったのが芸術と遊びの融合だ。本来、両者は別物のはずだが、その境界線は、どんどんうやむやになっている。

 イベントで炎上した木製オブジェはジャングルジムのような形状で、見学者が中で遊ぶことができた。それでも、制作者サイドは「遊具ではなくアート作品」と説明する。一体、遊具とアート作品の境界線はどこにあるのか。

 遊具については、国土交通省が14年前に「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」で基本的な考えを示している。それによると、遊具の定義は、「主として子供の利用に供するもので、本体の一部が設置面に固定されているもの」とされ、ブランコ、滑り台のほか、ジャングルジムも含まれている。

 ところが、これは「あくまでも都市公園内に設置される遊具について示したもので、一般的な遊具全般を定義するものではありません」(国土交通省都市局公園緑地・景観課)と言う。つまり、都市公園の敷地外にあるジャングルジムについては、遊具かどうかの明確な規定はないのだ。だから、制作者がアートと言えば、アートになる。言ったもん勝ちみたいな世界だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る