大阪のパロディーTシャツ摘発でわかった TPP参加後の日本

公開日: 更新日:

 NIKEじゃなくて「NAMAIKI」、adidasは「damedes」。思わず、クスッと笑ってしまうロゴがついたパロディーTシャツを販売していた大阪ミナミの6店舗の従業員13人が先月26日、“商標法違反”の疑いで大阪府警に逮捕された。

「正規のメーカー関係者から通報があって、10月26日午前に6店舗を捜索しました。事前に警察から注意や警告はしていません」(大阪府警南署)

 パロディー商品の摘発は極めて異例だという。

 巧妙に本物を真似た偽物と違って、パロディー品はユーモアの一種だ。買い手も偽物とわかった上で、おもしろがって手にする代物である。本物のブランド業者が打撃を受けることもほとんどないはずだ。

 もちろん法的には商標権の侵害には違いない。だが、警告もなくいきなり摘発とは捕まった従業員も驚いただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る