大阪のパロディーTシャツ摘発でわかった TPP参加後の日本

公開日: 更新日:

 NIKEじゃなくて「NAMAIKI」、adidasは「damedes」。思わず、クスッと笑ってしまうロゴがついたパロディーTシャツを販売していた大阪ミナミの6店舗の従業員13人が先月26日、“商標法違反”の疑いで大阪府警に逮捕された。

「正規のメーカー関係者から通報があって、10月26日午前に6店舗を捜索しました。事前に警察から注意や警告はしていません」(大阪府警南署)

 パロディー商品の摘発は極めて異例だという。

 巧妙に本物を真似た偽物と違って、パロディー品はユーモアの一種だ。買い手も偽物とわかった上で、おもしろがって手にする代物である。本物のブランド業者が打撃を受けることもほとんどないはずだ。

 もちろん法的には商標権の侵害には違いない。だが、警告もなくいきなり摘発とは捕まった従業員も驚いただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る