1時間半3600円 「家事代行サービス」に参入したDMMの勝算

公開日: 更新日:

 コンテンツ配信などを手掛けるDMMが今月1日から23区内で、家事代行サービス「Okan(おかん)」を開始した。価格は業界最安値の1時間半で3600円(税込み、交通費込み)。依頼者とスタッフはそれぞれ登録したアプリでマッチングするが、これも業界初の試みだ。DMMの広報担当者はこう説明する。

「これまで家事代行は、価格が高くて頼みづらかった。コストがかかるマッチングをアプリで行うことで、手軽に使え、かつ低価格を実現しました。利用しやすくなれば大きな市場があるとみています」

 2014年の野村総研の成人女性を対象にしたアンケートによると、「家事代行」の認知度は7割あるが、「利用したことがある」は3%にとどまる。一方、経産省によると、利用環境を整備すれば、「家事代行」の市場規模は現在の年間1600億円から、将来、6000億円に拡大すると試算されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る