“何もない”から日本一に 福島の旅館「八幡屋」快挙の理由

公開日:

 福島県の旅館「八幡屋」をご存じか。実はこの旅館、福島出身者も「どこにあるの?」というほど知名度が低いのだ。場所は同県石川町の母畑温泉。阿武隈高原にある老舗旅館と言った方がまだピンとくるだろう。

 その八幡屋が業界紙の「旅行新聞新社」が実施している「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で総合1位に選ばれた。調査は全国1万6000の旅行会社の投票による。昨年まで36年連続1位だった和倉温泉の加賀屋(石川県七尾市)に代わってトップに躍り出たのだ。それも過去3回、12位→11位→9位と10位近辺をウロチョロしていたのがいきなりの1位。この快挙に地元は大騒ぎだ。

 15日、八幡屋に電話したところ、おかみの渡辺和子さんが「テレビ局などが取材にこられて大混雑しています」とうれしい悲鳴を上げていた。

「突然の1位に本当にびっくりしています。というより恥ずかしいくらいです。ウチは夏休みに子供向けに縁日を開催したり、春、夏、冬に1泊1万円で泊まれるお得な企画を実施しているくらいで、これといって目立つことはしていないのです。なぜ1位になったのか、こちらが教えていただきたいくらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る