“トッピング”で追加料金も 「激安クリーニング」の裏側

公開日:  更新日:

 クリーニングの低価格競争が激化している。特にワイシャツ価格は熾烈を極め、中には100円を切るどころか、50円まで下げた店もあった。

 ライバル店がひしめく地域では他店舗より料金を低く設定したり、あるいは割引券を発行して安売り店に対抗。また平日料金を安くするなど、各チェーン店ともアノ手コノ手を使って、互いに客を奪い合っている。どうしてそんなに安く料金設定ができるのか。仕上がりに問題はないのか。

 NPO法人「クリーニングカスタマーズサポート」代表の鈴木和幸氏がこう言う。

「チェーン店を中心にほぼすべての工程が機械化されました。東京ではクリーニング全品に占めるワイシャツの割合は半分以上です。他の衣類に比べて回転率が良く、作業効率が向上したので安い価格設定にも対応できるようになったのです。またワイシャツは店の値段の目安になり、それが全体の料金のイメージになります。どうせワイシャツを出すのなら、ついでに他の衣類も一緒にということになり、利益につながるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る