• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

採用面接でカミングアウトも LGBTと就活「現実と課題」

 就職の際に差別につながるとして禁止されている戸籍謄本の提出を求める企業などの割合が2割近くあった。連合の調査で分かったことだ。

 そして、こちらはニュースとしては大きく取り上げられないが、新卒採用面接の際、学生から「LGBTですが、就職できますか?」とカミングアウトされた人事担当者も同じく2割近く(17.2%)いる。LGBTマーケティングラボのアンケート結果だ。

 LGBTは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーのこと。日本では総人口の7.6%いるとされ、割合からいうと新卒学生42万人のうち、3万人程度はLGBTと思われる。そのため、LGBT向けの就職サイト「JobRainbow」が登場した。同サイトでは、「H.I.S.」や「JAL」などを理解ある企業として紹介している。具体的には、同性パートナーでも扶養者手当が支給されたりする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る