採用面接でカミングアウトも LGBTと就活「現実と課題」

公開日: 更新日:

 就職の際に差別につながるとして禁止されている戸籍謄本の提出を求める企業などの割合が2割近くあった。連合の調査で分かったことだ。

 そして、こちらはニュースとしては大きく取り上げられないが、新卒採用面接の際、学生から「LGBTですが、就職できますか?」とカミングアウトされた人事担当者も同じく2割近く(17.2%)いる。LGBTマーケティングラボのアンケート結果だ。

 LGBTは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーのこと。日本では総人口の7.6%いるとされ、割合からいうと新卒学生42万人のうち、3万人程度はLGBTと思われる。そのため、LGBT向けの就職サイト「JobRainbow」が登場した。同サイトでは、「H.I.S.」や「JAL」などを理解ある企業として紹介している。具体的には、同性パートナーでも扶養者手当が支給されたりする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る