就活戦線でジワリ評判に 「奨学金肩代わり」企業が注目

公開日: 更新日:

 経団連のスッタモンダで、2017年春入社を目指す学生は短期決戦に挑んでいる。説明会の解禁は昨年同様3月だったが、選考は2カ月前倒しの6月スタート。今年の就活戦線で急浮上しているワードが「奨学金肩代わり」だ。

 大学ジャーナリストの石渡嶺司氏はこう言う。

「売り手市場の上に広報期間が短縮され、企業側も差別化に動いています。そうした中、ジワジワと広がっているのが入社を条件にした『奨学金返済支援制度』です。中には奨学金を全額返済してくれる企業もある。2人に1人が奨学金に頼って大学生活を送っている時代ですから、就活生には魅力的な制度といえます」

 日本学生支援機構(JASSO)によると、2014年度の奨学金利用者は141万人。返済を3カ月以上延滞している人は約17万3000人で、債権額は2491億円に上る。国の奨学金を4年間借りた場合、卒業時には約140万~580万円の借金を背負うとされるから、新社会人には相当な重荷だ。サポートに積極的な企業は別表の通り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る