「お前がいないと」で就活生を縛る“ブラックバイト”の罠

公開日:  更新日:

 就活解禁から1カ月。リクルートスーツに身を包んだ学生を目にするが、スタートラインに立てなかったり、出遅れたりする学生もいる。

「“ブラックバイト”で働く学生です。親のリストラや学費の上昇などによって、仕送りが少なく奨学金もないような学生だと、ブラックバイトと知りながらもなかなか辞められません。そんな事情を逆手に取り、飲食や小売りなどの業界では、社員並みのシフトに組み込まれ、ブラックバイトとして買い叩かれる学生がいるのです」

 こう言うのは、ブラック企業アナリストの新田龍氏。「しょせんアルバイトなんだから、辞めればいい」というのは、バブル時代にいい思いをした親たちの考え。目の前の生活に苦しむ学生にとって、背に腹は代えられないのだという。

「関西学生アルバイトユニオン」などは先週22日、ファミリーマートを運営する大阪のフランチャイズ会社と協議し、学生の就活に配慮してシフトを減らすことを認める労働協約を締結。その前には、サンクスで働く埼玉の高校3年のアルバイトが「ブラックバイトユニオン」を通じて、従来の15分単位ではなく、1分単位の賃金支払いを認める労働協約を運営会社と結んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る