• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手社員は離れ出世もアウト…「ブラック上司」NG言動集

 右も左もわからない新入社員。「よし、しっかり教育してやろう」と気合を入れるのはいいが、注意したいのは、その言動が「ブラック上司」認定されてしまうかもしれないこと。今や「おまえのために」という言葉すら非常識なのだ。

 ブラック上司と呼ばれてしまったら、将来の出世もおぼつかない。どんなことがNGになってしまうのか?

 人材コンサルティング会社「アビリティスタッフ」代表の梶田政宏氏がこう警鐘を鳴らす。

「OJT(企業内教育)と称してやたらと仕事を振る上司がいますが、こうした人は要注意。OJTにおいて、何の説明もなく、とにかく、『おまえのため』『早く一人前になってほしい』と実務を丸投げするのはNGです。何のためにやるのか、どうしてそれをやるのか、計画を伝えた上で行うのがOJT。これができずに、いきなり『経験して覚えろ』と新人を現場に送り込む企業は今、ブラック企業と言われてしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る